彼女いない男性におススメのダイヤモンド豆知識

ダイヤモンドが嫌いな女性はいません。
しかし男性にとってはどんな基準で、どんなものを選んだら良いのか、わからないというのが正直なところでしょう。
しかし、大切な女性が現れたら、プレゼントしたいと思う時が訪れるかも知れません。
そんな時のために、少しでも知識を持っておいて、損はありません。
決して安いものではないのであなたの知識を使って、素敵なダイヤモンドを選んであげてください。
女性の笑顔も最大級に輝くはずです。

ダイヤモンドの評価基準とは

ダイヤモンドの評価基準は4Cと言われています。
4Cとは、カラット(重さ)、色(カラー)、透明度(クオリティー)、カット(研磨)の頭文字を取ったものです。
カラットとは重さのことで、1カラットは0.2gです。大部分のものは1カラット未満で、大粒のものは大変希少です。
色は、薄く黄色であることが多いですが、透明であるほど価値が高くなります。
等級はDからZの23段階でつけられます。
DEFが無色透明の一番価値の高い状態のもので、H以上がほぼ無色のものIからZに向かうにつれて徐々に黄みがかった状態のものになります。
しかし、一定の黄みを超えたものは、ファンシーカラーと呼ばれて、別の評価基準がつけられるのです。
透明度は、内部の特徴と外部の特徴が少ないほど透明度が高くなり、価値は高くなります。
これは熟練した専門家がルーペを使って調べ、グレードを11段階に分けます。
カット数は、職人の技術が評価に左右します。
評価は、エクセレント、ベリーグッド、グッド、ファイヤー、プアという5段階で評価がされます。

ダイヤモンドの選び方

では、どんなダイヤモンドを選んだらよいのでしょうか。
もちろん、先に書いたような評価基準も参考に、選んでください。
しかしダイヤモンドと言っても、指輪にするのか、ネックレスにするのか、ピアスにするのかで、かなり選ぶダイヤは違ってきます。
今回はダイヤモンドネックレスでのダイヤモンドの選び方を詳しく説明します。
ネックレスの場合、大体はダイヤモンドは一粒程度なので、ダイヤモンドといえども比較的安く購入できます。
カラット的には、0.1では小さすぎるので、0.3くらいのものを選ぶと、嫌みになりすぎず、ちょうど良い大きさです。
ブランドにこだわらなければ、安価なものも結構あります。
カラーも、大人の女性ならブラウンカラーのものでも素敵です。
また、ピンクやブルーのダイヤモンドも綺麗です。
その人の雰囲気や好きなカラーで選ぶのも良いですね。
それらの色なら、会社にもつけていけますし、普段の洋服にも合わせやすいので良いですね。

実は読書に向いてる場所ナンバー1

自宅以外で読書が捗る場所と言えば図書館やカフェ、自動車の中などが挙げられます。
しかしあまり知られていないだけで実はゴルフ場のラウンジや休憩スペース、
食事スペースも静かに読書できることから意外なほどに人気となっています。
ゴルフ場での読書にはまってしまったという方の中には、
ゴルフ場こそが読書に向いてる場所ナンバー1だとおっしゃる方もいるほどなので
ゴルフに興味が無くても一度読書のために言ってみるのもアリなのです。

ゴルフコースで読書するためにゴルフの練習(笑)

何でゴルフ場が読書にオススメなのかというと、
客層が大人びているため読書に集中している方をジロジロみたりしない、
図書館やカフェなどで読書しているときにやってくる悪質なナンパがない、
環境そのものが静かで落ち着きがあることなどが影響しています。
ゴルフはバカみたいに大声を出して行うスポーツではありませんし、
ゴルフ場の規模が大きければスイングの音もほとんど室内に響かないのでとても快適に読書を楽しめるようになっています。
しかもゴルフ場は高級感を演出するため常に清掃が行き届いており、
椅子やソファーなどの座り心地もいいといった特徴があります。
これらが読書にいい影響を与えてくれるのです。
でも流石にゴルフを全く行わずにゴルフ場に入り浸るのは失礼なので、
素人同然の腕前でもいいので軽い練習くらいはするといいでしょう。
ゴルフコースを一度も回らずずっと読書をしている客なんてどうなの?
とスタッフさんたちに悪い印象を与えないよう、ちょっとだけでも努力してみてください。

インドア派の私は室内ゴルフがオススメ!

ゴルフ場でならいい環境で静かに読書できることは分かったけど、
やっぱり私はインドア派なので外でスポーツなんかしたくないといった方は、
室内ゴルフがオススメなので試してみてください。
室内ゴルフなら日差しなど天候を気にする必要もありませんし、
野外ゴルフに比べて各地方ごとの地元のゴルフスクールが多いといった特徴もあるからです。
読書目的でゴルフ場を使うとしても、一度は地元のゴルフスクールでゴルフの基礎とマナーくらいは覚えておくべきですので
体験レッスンだけでもしてみるといいでしょう。
室内ゴルフは野外ゴルフのように広い範囲を歩かなくて済むので、
読書好きの体力が無い方でも打ちっぱなしなどで少しは楽しめる可能性があります。
もしも実際にゴルフをやってみてはまるならそれも良しですので、
読書とゴルフの両方を楽しめるのが理想だとも言えるでしょう。
もちろん地元のゴルフスクールに入らなくても室内ゴルフスタジオは使えますので安心しておいてください!